耳鳴りキーン

耳鳴りキーンとした時の対処法について説明します。

耳鳴りがキーン !どうして耳鳴りが起きるの? 対処法は?

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
実際には、音がしていないのに、音が聞こえてしまう感覚。それが、いわゆる耳鳴りです。耳鳴りの聞こえ方や大きさ、頻度は、個人差が大きいのですが、社会生活に支障がある場合もあります。この記事では、「 耳鳴りがキーン とする」等の症状の原因や治療法等について、詳しく説明していきます。
 
 

耳鳴りの種類

 
耳鳴りには、キーンとなるものを含め、多くの種類があり、その苦痛度合いや生活への支障の度合いも様々です。
耳鳴りの、幾つかの分類を説明していきましょう。
 
 

耳鳴りの聞こえ方による分類

本人にしか聞こえない耳鳴りを自覚的耳鳴りといい、他者にも聞こえる耳鳴りを他覚的耳鳴りといいます。この他覚的耳鳴りの場合は、体内のどこかに、音の発生源があり、聴診器で聴くことが可能です。
 
耳鳴りに悩む患者の多くは、自覚的耳鳴りに該当します。
 
 

耳鳴りの音による分類

低い音、例えば「ゴー」「ブーン」「ボー」等の低音が聞こえる場合を低音性耳鳴りといいます。
これに対し、この記事のテーマである「キーン」という耳鳴り含め、金属音、電子音に類似した耳鳴りを、高音性耳鳴りといいます。
 
 

耳鳴りが起こるメカニズムは?

 
「キーン」「ゴー」といった耳鳴り。体内に音源がない場合、どうして色々な音が聞こえるのでしょう。
 
音は、外から入ってきた振動が、外耳、中耳、内耳と送られ、内耳にある蝸牛で電気信号に変換され、この電気信号が大脳に伝達され、音として認識されます。自覚性耳鳴りの場合、多くは、内耳に異常興奮が生じており、これが原因となって生じると考えられています。
 
また、最近の研究では、脳の興奮により、耳鳴りが起こるメカニズムも解明されつつあります。
 
そのメカニズムとは
・蝸牛の老化等によって、振動を電気信号に変えることができなくなる
・音の選別や調整を行う視床が、信号の低下を補うべく感度を上げる
・脳には様々な電気信号が伝達されますが、感度を上げた事で、これらの電気信号をノイズとして認識
・結果として、耳から届いた音でもないのに、キーンといった音を捉えてしまう

 
通常であれば、この感度の向上は一時的で、元に戻りますが、脳が興奮状態だと元に戻りません。耳鳴りとは、脳の興奮により、誤ってキーンといった音を認識した結果なのです。
 
 

耳鳴りを起こす病気は

 
耳鳴りは色々な病気により引き起こされます。神経・脳の病気、糖尿病、高血圧、動脈硬化等の全身疾患、睡眠障害、薬物の中毒や副作用、毛染め剤の使用…等耳鳴りを引き起こす要因は、色々とありますが、最も多いのは、耳の病気が原因となるケースです。
 
耳の病気の例としては、耳鳴り・めまい・難聴が主要な症状であるメニエール病、突然難聴になる突発性難聴等が挙げられます。また耳の病気ではありませんが、耳の中に虫や異物が混入した、耳垢が溜まったなどの理由で耳鳴りになることもあります。
 
また耳鳴りを起こしやすくする、悪化させる要因として、ストレス、寝不足、疲労等があります。ストレスは、自律神経を狂わせ、時差ボケのような状態を作り、耳鳴りの誘因となります。
また、騒音の激しい場所での居住、喫煙・カフェインを過度に摂取する、寝不足、低血圧、メタボ、アレルギー等といった生活習慣に関連した項目も耳鳴りの危険因子となります。
 
 

耳鳴りがキーン はどう生じる

 
キーンという高音の耳鳴りが聞こえる理由としては、蝸牛内の感覚細胞のうち高音領域に問題があると考えられます。低音領域で異常が生じている場合は、「ゴー」「ブーン」「ボー」等の低音が聞こえます。
 
 

耳鳴りがキーン はどう治す

 
疲労、寝不足、体調不良が原因の場合は、原因が解決されれば、耳鳴りは消えます。また、大音響で音楽を聴いた場合も同様で、時間をおけば耳鳴りは消えます。このような一過性の耳鳴りは特に心配する必要はありません。
 
 

耳鳴りは早期治療が重要

問題は、耳鳴りが14日以上継続する、めまいや難聴の症状も出ている場合です。耳鳴りは、出来れば発症から14日以内に治療する事が重要です。1ヶ月以上経過すると、症状は慢性化し、治療を行う事が困難になります。
 
厚生労働省の「平成22年国民生活基礎調査」で、耳鳴りの症状を訴える人に調査をしたところ、治療をしていない人が43%を占めているのが現状です。放置することで、回復の可能性が低くなってしまうのが、耳鳴りです。早期治療を心がけましょう。
 
 

内耳の病気による耳鳴りはどう治療する

耳鳴りの治療は、問診を細かく行い、生活習慣上の問題を解決する為の生活指導が行われます。また、聴力、耳鳴りの程度、種類、原因等を調査し、その結果に基づき、内服薬や筋肉注射を行います。
これで効果が出ない場合は、ステロイド鼓室注入療法といわれる、ステロイド剤を鼓膜に注射する治療が行われます。ここまでの治療で、患者の60%~70%は症状が改善されます。
 
ここまでの治療で効果がない場合は、内耳麻酔(鼓膜から麻酔剤を注入)、耳鳴り再訓練療法(音楽のような音を流し、耳鳴りの音を隠してしまう方法)を行います。この治療により、70%程度の人は、生活に支障のないレベルまで耳鳴りを抑えることができます。
 
 

耳鳴りがキーン まとめ

 
耳鳴りが聞こえるのは、実際に体内に音源がある場合がありますが、耳鳴りを訴える多くの患者の場合、実際には聞こえない音を認識してしまう自覚性耳鳴りです。自覚性耳鳴りは、中耳の興奮により生じると考えられていますが、最近では、脳が興奮して、脳に飛び交う電気信号を、キーン等のノイズとして捉えてしまうメカニズムが明らかになりつつあります。
 
耳鳴りの多くは、内耳の病気が原因になっている場合が多く、その治療法としては、ステロイド鼓室注入療法、内耳麻酔、耳鳴り再訓練療法があり、患者の7割は生活に問題がない程度に、耳鳴りを改善する事が出来ます。